【UE_2014】UEスタジオ、始動。

今年度の環境都市デザインスタジオ(UEスタジオ)は「創造的郊外」をテーマに、具体的な都市環境の将来像を都市デザイン・都市環境・建築環境の視点から考え、都市の課題に対して魅力ある解決策を提案することを目標としています。対象としているフィールドは、昨年同様、相鉄いずみ野線沿線です。

本スタジオは15週をリサーチ、プランニング、プロジェクトデザインの3ステップに分けて進めます。 

 

初回のフィールドワーク(現地見学)では、いずみ野駅周辺の住宅地からスタートし、西側に広がる市街化調整区域の農地、坂道の多い南万騎が原の斜面住宅地、植栽の整った緑園都市の街並みなどを歩いて回りました。

相鉄、横浜市、都市計画コンサルなど様々な主体に属する講師の方々と、実際の土地を歩いてその場で質問を投げ掛けたり議論がなされ、今後の調査・提案が期待されます。(文責:中名生知之)