レクチャーとSTEP2講評会

UEスタジオでは6月17日(火)に東工大の梅干野先生をお招きして都市の温熱環境の問題などを講義していただきました。対策が叫ばれているヒートアイランドの発生要因や、ヒートアイランド対する植物の有効性などの興味深い講義でした。その後のSTEP2の発表では、環境に対する提案は多くなかったですが、STEP3に向けて都市を構成する一部として重要な環境についても提案ができるよう検討していきたいと思います。(小倉慎介)

STEP2の講評会には梅干野先生、菅孝能さん、片岡公一さんにも参加して頂きました。各グループが与えられた敷地をベースに関内外をどのようにリノベーションしていくべきかについて発表を行いました。防災拠点としての市役所、中学校をベースとしたコミュニティ施設のあり方、大通り公園を利用した多世代交流のあり方、駅周辺の交通結節点、伊勢佐木モール活性化のための手法、空き家の多い防火建築の街区再編などハード・ソフト両面からさまざまなアイデアが出てきました。
しかし敷地が決まっていたためアイデアが小さくまとまっていた印象もあり、STEP3との折合いが難しかったことが窺えます。(兼松渉)