都市の周縁

都市イノベーション学府では新たにスタジオ科目がスタートしました。ATスタジオでは、「都市の周縁」という共通テーマを設け、大都市横浜の周縁部で起こりつつある現象をとらえながら、地域住民や市民活動団体等の動きとリアルタイムに連動し課題解決に取り組みます。春学期は転換期にある団地再生をとりあげ、湘南・茅ヶ崎エリアの県下最大の郊外団地(総戸数約3400戸(賃貸)、住宅公団s39)の再生計画、コミュニティデザインの取り組みに参加します。計画概要、住民活動の経緯、湘南・茅ヶ崎における循環型の暮らし、大学の関わりの可能性などについて意見交換しました。