20h設計

12月1日~2日にかけて、学部・院生の全学年を対象とした20時間設計が行われました。今年の課題は「100人の家」を考えるというもの。100人という数字は都市の中でどのようなリアリティを持つのか。既成概念にとらわれない発想と提案が求められます。